院長あいさつ  大土 努

 私は、1984年に大阪大学歯学部を卒業し、小児歯科学講座に入局しました。1986年からは阪南中央病院歯科でも診療を行い、途中からは病院専属となって17年間診療を行って来ましたが、2003年3月病院歯科が閉科となったのに伴い、スタッフの多くとともに、病院での診療を引き継ぐ形で当地に開業しました。 

 

 私は、自分の所に歯科のことで受診してくださる方には、全力を尽くしてその人の疾患を治し、出来るだけ希望に添った治療をしたいと考え、病院勤務時代そのような思いで診療を続けてきました。今もジョイファミリー歯科でその思いを大切に、診療を続けています。 

 私の専門は小児歯科・障害者歯科で、小児歯科学会専門医および障害者歯科学会認定医ですが、大学時代の研修や、阪南中央病院での病院歯科の経験を生かし、治療の案内の『こんな治療が出来ます』にあるようなことに取り組んでいます。歯科に関するどんなことでもご相談下さい。                             ジョイファミリー歯科 院長 大土 努

院長の紹介はこちら!

ジョイファミリー歯科の施設基準

当歯科は、以下の施設基準等に適合している旨、厚生労働省近畿厚生局に届出を行っています。(2021年5月現在)

歯科初・再診料の施設基準

①院内感染防止対策、②感染症患者の診療体制、③研修会の受講などの施設基準を満たしています。

領収書・明細書の発行について

初再診料・医学管理料・検査料・処置料など区分がわかる領収書を毎回発行しています。毎回領収書と詳しい明細書の両方が必要な場合はお申し出下さい。

口の病気の継続的管理

口の病気の継続的管理が必要な場合、2回目以降の受診の際に治療計画を文書をお渡しして説明したり、治療終了後に必要な間隔での定期的受診をお勧めしています。

小臼歯に保険の白いクラウンが製作可能

歯科用CAD/CAM装置を用いての、金属を使用しない白色のクラウンを臼歯で製作できます。 かみ合わせの状態や歯の状態によっては自費になる場合や金属の場合もありますのでご相談下さい。

クラウン・ブリッジ維持管理

当歯科で装着した冠やブリッジについて、2年間の維持管理に努めています。詳しくは装着の際にお渡しする説明書をご覧下さい。

入れ歯を6ヶ月再作製出来ない取り扱い

取り外しできる入れ歯を新しく作った場合、同じ部位は6ヶ月間は作り直すことが出来ません。この決まりは、他院で作った入れ歯についても同様の扱いです。

障害者歯科医療連携の受け入れ医療機関

他院より紹介の障害者について、安全確実に受け入れることが出来るよう、医療機器の整備とスタッフの充実を図っています。また高次医療機関への紹介もスムーズに出来る体制を整えています。

12歳以下でむし歯治療後の専門的継続管理

12歳以下のお子さんの、むし歯治療終了後に定期的受診をお勧めし、検診や歯磨き指導に加えて、むし歯検査・初期う蝕の予防充填・フッ素塗布などを行っています。(保険負担分+自費1500円が必要)

労災指定医療機関

労働者災害補償保険法に規定する療養の給付を行う医療機関の指定を受けています。労災関係の歯科治療も行うことが出来ます。


※訪問歯科診療は原則行っていませんのでご了承下さい。

 松原市歯科医師会の訪問診療をご利用下さい。http://www.matsubara-dental.net/pdf/20170724134127.pdf

ジョイファミリー歯科内の紹介